What is Curling?

カーリングとは?

What is Curling?

カーリングとは?
カーリングは、氷の上で石(ストーン)を滑らせハウスと呼ばれる円の中心に最も近い場所を確保し、チームの得点を数えるウィンタースポーツです。 スコットランドが発祥の地といわれており、欧米とくにカナダで人気があります。 高度な戦略とテクニックが必要なことから、「氷上のチェス」ともいわれています。 チーム構成は、「リード」「セカンド」「サード」「スキップ」の4人で競技を行い、事故などがあった場合に交代となる「フィフス」の5人で構成されています。
ポジション名 役割
リード 1番目に投げる選手。1投目と2投目を担当します。 自分の投球時以外は主にスウィーパー(掃き手)を担当します。
セカンド 2番目に投げる選手。3投目と4投目を担当します。 自分の投球時以外は主にスウィーパー(掃き手)を担当します。
サード 3番目に投げる選手。5投目と6投目を担当します。 スキップが投球する際には、スキップの代わりにハウスに立って指示を出すことが多い役割です。
スキップ 試合中、自分の投球時以外はハウスから指示を出す「チームの司令塔」です。 主に最後に投球し、7投目と8投目を担当します。 (最後ではない場合もあります)
フィフス チームメイトがプレーを続行することができなくなってしまった際に、その代わりを務める控え選手です。 リザーブとも呼ばれます。

TOOL&RINK

道具とリンク

STONE

カーリングのストーンは、1個約20Kgの花崗岩でできています。 上部はプラスチック製のハンドルが取り付けられており、氷に接する面は約5mm幅の同心円のエッジと呼ばれる部分が付けられています。

STONE

カーリングのストーンは、1個約20Kgの花崗岩でできています。 上部はプラスチック製のハンドルが取り付けられており、氷に接する面は約5mm幅の同心円のエッジと呼ばれる部分が付けられています。

BRUSH

ブラシは氷上を滑っていくストーンの方向や速度を調整するためのスウィーピング(氷面をこすること)に使用します。 ブラシの材質は豚の毛、馬の毛でしたが、近年は作業効率の良い化学繊維が主流となっています。

BRUSH

ブラシは氷上を滑っていくストーンの方向や速度を調整するためのスウィーピング(氷面をこすること)に使用します。 ブラシの材質は豚の毛、馬の毛でしたが、近年は作業効率の良い化学繊維が主流となっています。

SHOES

カーリング専用の靴は、軸足側の靴底がテフロンなどで滑りやすくなっており、蹴り足側は滑りにくい素材でできています。

SHOES

カーリング専用の靴は、軸足側の靴底がテフロンなどで滑りやすくなっており、蹴り足側は滑りにくい素材でできています。
シートカーリング競技用に整備された氷のこと。アイスとも呼ばれます。
シート全体の長さは45.72m、幅は5mです。
ハウスストーンを投げ入れる同心円のこと。
半径は、外から1.83m、1.22m、0.61m、0.15mです。
ハック投球の際に使う、固定された蹴り台のこと。
シートの両側に1つずつあります。
バックラインハウスの後方にあるラインのこと。
このラインからストーンが出ると、そのストーンは失格となり除外されます。
ティーラインハウスの中心を横切るラインのこと。
ホッグラインハウスの手前にある横ラインのこと。
※ハックから蹴り出した投球者はこのラインにストーンが触れる前に、そのストーンを離さなければなりません。
センターラインシート幅の中心を示す縦ラインのこと。
サイドライン木やスポンジが設置された左右両端のラインのこと。
ストーンがサイドラインに触れた場合、そのストーンは失格となり除外されます。
フリーガードゾーンホッグラインとティーラインの間のハウスを除いた領域のこと。
1番目の投球者のストーンがこのゾーンにある場合、相手チームの1番目の投球者はそのストーンを除外することはできません。
sumahoRINK
シートカーリング競技用に整備された氷のこと。アイスとも呼ばれます。
シート全体の長さは45.72m、幅は5mです。
ハウスストーンを投げ入れる同心円のこと。
半径は、外から1.83m、1.22m、0.61m、0.15mです。
ハック投球の際に使う、固定された蹴り台のこと。
シートの両側に1つずつあります。
バックラインハウスの後方にあるラインのこと。
このラインからストーンが出ると、そのストーンは失格となり除外されます。
ティーラインハウスの中心を横切るラインのこと。
ホッグラインハウスの手前にある横ラインのこと。
※ハックから蹴り出した投球者はこのラインにストーンが触れる前に、そのストーンを離さなければなりません。
センターラインシート幅の中心を示す縦ラインのこと。
サイドライン木やスポンジが設置された左右両端のラインのこと。
ストーンがサイドラインに触れた場合、そのストーンは失格となり除外されます。
フリーガードゾーンホッグラインとティーラインの間のハウスを除いた領域のこと。
1番目の投球者のストーンがこのゾーンにある場合、相手チームの1番目の投球者はそのストーンを除外することはできません。

RULE

ルール

投げる順番説明
  • 1チーム4人(リード・セカンド・サード・スキップ)で試合を行い、補欠選手(フィフス)を1人登録することができます。

  • コイントスまたはじゃんけん等で先攻・後攻を決めます。

  • 1人2投ずつストーンを投げ、相手チームと交互に合計16投を投げて「1エンド」が終了します。これを10回(10エンド)繰り返し、1試合となります。

  • 攻撃の待ち時間は、それぞれのチームに73分づつ与えられます。

  • 5エンド終了時に7分間の休憩を挟みます。

  • その他に1分間のタインアウトを各チーム2回まで取ることができます。

  • 1試合の所有時間は、約2時間30分程度です。
基本的なルール 内容
先攻・後攻決め 2エンド目以降は、前エンドで得点を取ったチームが先攻となります。 前エンドがブランクエンド(得点なし)だった場合は、前エンドと同じ先攻後攻となります。
失格となるストーン 投球されたストーンはホッグラインからバックラインまでの間に入っていなければなりません。それ以外のストーンは失格となり除外されます。 また、サイドラインに触れてしまったストーンも失格となります。
ハウスからの指示 指示を出すスキップと、スキップが投球する際のサード以外はハウスの中に入ることができません。
コーチとの話し合い 試合中、5エンド終了時の休憩時間とタイムアウト以外はコーチと話し合うことはできません。
ギブアップ 点差が明らかに離れた場合は、試合途中にギブアップすることができます。

SCORE

得 点

  • エンド終了時に、ハウスの中心に一番近いストーンがあるチームに得点の権利が与えられ、相手チームのストーンまでの間にあるストーンの数だけ得点が入ります。相手チームは必ず0点になります。
  • コイントスまたはじゃんけん等で先攻・後攻を決めます。
  • 1エンドごとに得点が計算され、合計得点の多いチームが勝ちとなります。

正解:黄色チーム1点(赤チーム0点)

黄色のストーンの方が中心に近い為、黄色チームに得点が入ります。

ストーンが1つなので、得点は1点です。

正解:赤チーム1点(黄色チーム0点)

ハウス内に黄色のストーンのほうが多くありますが、赤のストーンのほうが中心に近いため、赤チームに得点が入ります。

ストーンが1つなので、得点は1点です。

正解:黄色チーム3点(赤チーム0点)

黄色のストーンの方が中心に近い為、黄色チームに得点が入ります。

ハウス内に黄色のストーンが4つありますが、赤のストーンの内側にあるのは3つなので得点は3点です。